トキソプラズマ脳症とは?

  • AIDS指標疾患の1つ。AIDS患者ではCD4<100/μLで発症する。
  • 潜伏感染のトキソプラズマ原虫の再活性により発症する。
  • 脳炎、肺炎、心筋炎などを合併することがある。
  • 脳では、悪性リンパ腫との鑑別が問題となる。(なぜならばAIDSに合併するリンパ腫はリング状造影効果を呈するため)
  • ピリメタミン(抗原虫薬)、サルファ剤(抗菌薬)などを投与して臨床的あるいは画像上に改善があれば、トキソプラズマ、なければ悪性リンパ腫という診断的治療を行なうこともある。

トキソプラズマ脳症の画像所見

  • 基底核に好発する。
  • 周囲に浮腫を伴う単発もしくは多発腫瘤。
  • 結節状もしくはリング状に造影される。
  • リング状の濃染内に偏在性の結節状濃染(eccentric target sign:2割)
  • DWIにて等信号。
  • 悪性リンパ腫とは、ADC比が1.6以上の場合はトキソプラズマと診断できるが、しかし、ADCではoverlapも多い。→FDG-PETが有効という報告もある。
  • 他、201Tl-SPECTが鑑別に有用との報告もある。集積が見られれば悪性リンパ腫の可能性が高い。しかし、どれも微妙。→診断的治療を行なうことあり。
症例 AIDS患者におけるトキソプラズマ脳症

F2.large

Axial images in an AIDS patient with toxoplasmosis.

A, Axial T1-weighted gadolinium-enhanced MR image. The lesion in the right basal ganglia has an irregular, enhancing rim.

B, DW image (b = 1000 s/mm2). The core of the lesion demonstrates unrestricted diffusion.

C, ADC map of a toxoplasmosis lesion in the right basal ganglia. The outlineindicates the ROI within the lesion used for ADC computation. The core of the lesion has a mean ADC that is increased relative to that in normal white matter (ADC ratio, 2.23).

症例 AIDS患者における悪性リンパ腫

F3.large

Axial images in an AIDS patient with lymphoma.

A, Axial T1-weighted gadolinium-enhanced MR image. A lesion with an enhancing rim is present in the left frontal lobe.

B, DW image (b = 1000 s/mm2). The signal intensity of the core of the lesion is similar to that of uninvolved white matter.

C, ADC map of a lymphoma lesion in the left frontal lobe. The outline indicates the ROI within the lesion used for ADC computation. The core of the lesion has a mean ADC that is similar to that of normal white matter (ADC ratio, 1.25).

2症例ともAJNR 24:633-637,2003より引用

関連記事はこちら