乳管内乳頭腫

  • 乳管内に発生する乳頭状腫瘍。上皮性の良性腫瘍。
  • 孤立性に乳頭近くに発生することが多いが、末梢発生もある。
  • 中心型:乳頭近くの乳管内の単発結節。
    末梢型:末梢乳腺に多発。異型・悪性病変の合併が多いとされる。
  • 腫瘤触知や血性乳頭分泌で発見され、血性異常乳頭分泌の半分以上の原因。
  • 40〜50歳代に多い。

画像所見

intraductal papilloma

  • 嚢胞壁より急峻な立ち上がりで基部が狭いのが特徴。
  • 嚢胞内に出血を伴っている場合は、サブトラクションが有用。
  • 嚢胞がはっきりしない場合、ダイナミックにてrapid washoutのパターンを呈することが多く、悪性との鑑別が問題となる。
鑑別診断
  • 非浸潤性乳管癌
  • 乳管腺管癌
  • 粘液癌(嚢胞が認められない場合)
  • ※鑑別は難しいのと、末梢型には悪性病変の合併も多いため、病理診断後も経過観察することが重要。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。