乳腺超音波による組織特性

  • 乳腺超音波では、病変の形態および内部の組織構築を見ることができる。
  • 組織によって異なるのは腫瘤の内部エコー、後方エコーである。

後方エコー

  • 後方エコーは、腫瘤より深い(腫瘤の向こう側)部位のエコーの性状のこと。腫瘤内部でどれだけ超音波が減衰するかによって見え方は異なる。
  • 減衰が少ないのは、水や粘液細胞も水が多いので細胞密度が高い腫瘤の後方エコーは増強する。
  • 一方、減衰が多い=吸収が強いのは線維成分や硝子化したもので、この場合後方エコーは減弱する。
  • ちなみに減衰は、吸収、反射、散乱などで起こる。反射により減衰するのは石灰化によるもの。

内部エコー

  • 内部エコーは腫瘤内部での超音波の散乱の強さを示すことが多い。
  • 散乱が強いものは、小さく、不均一な構造。
  • それを低エコーである脂肪組織と比較して、無・(極低)・低・等・高で評価する。
  • 乳頭状構造や粘液癌のようなスポンジ様構造は散乱が強い。=高エコーとなる。

こちらにもまとめました。→乳腺エコーとは?わかることは?

腫瘤の後方エコーと内部エコーから見た主な疾患の鑑別診断

                後方エコー
増強

不変

減弱




嚢胞
極低 濃縮嚢胞 濃縮嚢胞 濃縮嚢胞
硬癌
線維腺腫
乳管内乳頭腫
葉状腫瘍
充実腺管癌
非浸潤性乳管癌
線維腺腫
乳管内乳頭腫
乳頭腺管癌
非浸潤性乳管癌
陳旧性線維腺腫
硬化性腺症
硬癌
浸潤性小葉癌
乳管内乳頭腫
粘液癌
脂肪腫
過誤腫
粘液癌 シリコン肉芽腫
硬癌
浸潤性小葉癌

画像診断vol.33.No9,2013 乳房超音波画像の見方 東野英利子先生を一部改変

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。