乳腺でスピキュラ(spicula)を伴う腫瘤の鑑別診断

・悪性で真っ先に考えるのは硬癌

・ただし、浸潤性小葉癌も考慮する。(乳癌の5%くらいはこれ!!)

・非常にまれな管状癌(予後良好)もある。

▶︎良性疾患でスピキュラを示す疾患
  • 硬化性腺症
  • 複雑硬化性病変(radial scar、complex sclerosing lesion)、
  • 膿瘍
  • 術後変化

などにも注意。

症例 70 歳代の女性。マンモグラフィで左乳房に異常を指摘。

breast spicula2013年放射線科診断専門医試験問題40より引用。

左乳腺にスピキュラを有する腫瘤あり。後方エコーが減弱しているので充実性腫瘍が疑われる。硬癌 、充実腺管癌、硬化性腺症、浸潤性小葉癌などを疑う所見。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら