妊婦のMRI検査における胎児への影響

・CTと異なり被ばくはないので、その点では安全な検査といえる。

・しかし、MRIによる磁場やRFパルスが胎児に与える影響は、完全にわかっておらず、米国のFDAのガイドラインでは、

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]「妊婦のMRI検査における胎児の安全性は確立していない」[/colored_bg]

としている。

・National Radiological Protection Boardのガイドラインにおいても、証拠はないが、完全に安全性がわかっていないので、

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]「器官形成期である妊娠14週以内での撮影は避けるべき」[/colored_bg]

としている。

・ただし、母体や胎児に生命の危機がある場合など、一刻を争う場合は、これらの点も理解し、説明した上で、撮影するべきである。

MRI造影剤の胎児への影響

・一般に使われるガドリニウム製剤は胎盤通過する=胎児に届くことが証明されている。

・ただし胎児に不利益な影響を与えたという報告はない。

・またCT造影剤に比べて、蓄積しにくい。

・とはいえ、どうしても必要な時以外は使うべきではない。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら