偽腔閉鎖型大動脈解離

dissec2・偽腔は血腫で充満し、造影されないタイプ。

・ただし、急性期では、血栓閉鎖した偽腔が単純CTで濃度の高い肥厚した壁(hyperdense crescent sign)として描出されることが重要である。

・なので単純CTが必須と言える。

▶動画で学ぶ血栓閉鎖型の大動脈解離

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。

画像診断Youtube

画像診断のコツなどを動画にしています。 →画像診断チャンネルに登録する