副腎腺腫(副腎皮質腺腫)の画像診断

  • 副腎結節を偶発的に認める(incidentaloma)ことは、2−9%。そのような副腎病変を偶発腫(incidentaloma)と呼ぶ。
  • incidentalomaのうち4割は腺腫>2割が転移。
  • 担癌患者でもサイズが3cm以下なら9割が良性腫瘍。
副腎偶発腫診断の流れ

incindentaloma differential diagnosis

画像診断 26:1243-1251,2006を一部改変

関連記事)骨髄脂肪腫とは?画像診断のポイントは?

副腎皮質腺腫の画像所見

  • 境界明瞭な結節性病変
  • サイズが小さい: 偶発腫では4cm以下(癌は5-20cm)
  • 単純CT:10HU以下→lipid-rich adenoma
  • Chemical shift MRI:腫瘍の信号低下→Iipid-rich adenoma(pitfall:癌でも信号低下することがあるが、通常含有しない。)
  • ダイナミックCTでの良好なwashout(癌は腺腫と比べてwashoutが弱い傾向)
  • 単純CT10HU以下にPEW[(CTearly-CTdelay)/CTearly]x 100を組み合わせ
    • deIay10分後52%:感度100%、特異度98%  
    • delay15分後60%:感度92%、特異度98%  
    • delay5分後48%: 感度78%、特異度100%
脂肪の含有が診断にかなり有用ということです。

※ただし、腎細胞癌や肝細胞癌の副腎転移、褐色細胞腫の一部には内部に脂肪を含むことがあり注意が必要。この場合は既往歴、ホルモン異常、症状などから総合的に判断する。

症例 70歳代男性

adrenaladenoma

動画で学ぶ副腎腺腫

▶キー画像
adenoma1 adenoma2

左副腎にin-phaseからout of-phaseにかけて信号低下あり。

脂肪の含有が疑われ、副腎腺腫を疑う所見です。

その他、診断のヒントとなる所見を有する副腎腫瘤

  • CTで粗大な脂肪塊→骨髄脂肪腫
  • CTで粗大な石灰化→陳旧性感染や出血

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。