膵体部癌の特徴

pancreaticbody

・膵体部癌は脾動静脈に浸潤しやすい。脾静脈が閉塞すると胃周囲の静脈(胃体網静脈、胃冠状静脈)が側副路として拡張する。

・後方の左副腎大動脈壁あるいは左腎動静脈へ浸潤することもある。

・膵体部は横行結腸間膜を介して大網と連続性を認めるため、膵体部癌では、大網や腹膜への播種の頻度が他部位の膵癌より高い。

・またMPD閉塞に伴い嚢胞(貯留嚢胞や仮性嚢胞)を合併する頻度が高い。

症例 60歳代男性 膵体部癌

pancreaticcancer

参考)画像診断2010年11月 膵管癌の画像診断 金沢大学 蒲田敏文先生

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら