膵鉤部癌

・膵鉤部は腹側膵由来。uncus1

・直接十二指腸水平脚の上壁と接しているため、下方の十二指腸水平脚に容易に浸潤し、十二指腸狭窄による嘔吐で発症することがある。

・また、小腸間膜を走るSMAやSMVにも近く、SMA周囲神経叢浸潤、腸間膜浸潤の頻度が高い。

uncus2

・CBDやMPDへの浸潤は膵頭部まで浸潤しないと生じないため、閉塞性黄疸や膵炎の症状は認められないことが多い。

uncus3

・鑑別診断は、膵鉤部に限局した慢性膵炎(胆管膵管癒合不全が原因)、線維化を伴う慢性膵炎、限局性腫瘤を形成するIgG4関連の自己免疫性膵炎など。

参考)画像診断2010年11月 膵管癌の画像診断 金沢大学 蒲田敏文先生

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら