膵管出血(Hemosuccus pancreaticus(HP))とは?

膵管を経由したVatar乳頭から消化管への出血のこと。

・症状は間欠的消化管出血(下血>吐血)、心窩部痛。

・原因は真性/仮性動脈瘤、仮性膵嚢胞、腫瘍。

・診断は内視鏡での出血確認(約30%)、CT、MRI、血管造影。(堤 他. 日消誌 110; 1296-1303. 2013.)

単純CTで膵管内に血腫による高吸収値が認められれば確定診断となるが、非常にまれ。造影CTで膵管近傍の膵仮性嚢胞内への出血や動脈瘤を認めることで推定される。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら