胆道出血(Hemobilia)

・古典的三徴:胆道疝痛、黒色便、黄疸

・原因:医原性(全体の2/3)、炎症、胆石、動脈瘤、静脈瘤、腫瘍

・診断は内視鏡もしくは画像診断(CT,MRI,エコー)。

・内視鏡で十二指腸乳頭部からの出血を確認する。

・治療は門脈と胆管の交通による出血の場合は、基本的に保存的治療。

・ただし、閉塞性黄疸で胆道内圧が高いときには、胆汁が門脈へ流入し、門脈塞栓や敗血症を生じることがある。

・動脈性出血の場合は、TAEが適用されることが多い。

画像診断

・単純CTで胆管内が血腫により高吸収を示し、造影CTで胆管周囲に仮性動脈瘤、腫瘍等を同定することで診断できる。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら