高血圧性の脳出血の脳室内出血(脳室穿破)について

  • 高血圧性脳出血では、視床出血と尾状核出血が脳室穿破しやすく、鋳型状の脳室内血腫を伴うことが多い。
  • 脳内出血の45%に脳室内出血が見られ、視床出血では69%,尾状核出血では100%に見られたと報告あり。(Neurology 70:848-852.2008)

脳室内出血の画像診断における注意点

  • 脳実質内に明らかな血腫がなく脳室内にのみ見られる場合には、原発性脳室内出血と呼ばれるが、脳室壁近傍を注意深く観察すると、出血点と考えられる脳実質内の小血腫が指摘できることもある。
  • また、脳室内の血腫がほぼ吸収された後にMRIを行うと、脳室壁近傍の脳実質内に吸収されつつある小血腫が出現して、出血部位を特定できることもあり、MRIによる追加検査は重要である。その際は、 T2*強調像やSWIが有用。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。