尾状核出血とその画像所見

  • 比較的稀で、高血圧性脳出血の2%に見られる。
  • 前大脳動脈水平部より起始する穿通枝であるHeubnerの反回動脈の破綻による。
  • 一般に尾状核頭部出血が多いが、時に尾状核体部への出血も見られる。
  • 血腫は小さいことが多いが、尾状核は側脳室の壁の一部となっているため、容易に側脳室前角に穿破し、原発性脳室内出血との鑑別に注意を要する。
  • また、増大し被殻出血と紛らわしいことがある。
  • 脳実質の損傷は比較的少ない。

 

尾状核出血

 

関連:高血圧性脳室内出血(脳室穿破)を来しやすい部位とは?

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら