炎症性乳癌(Inflammatory breast cancer)とは?

  • 炎症性乳癌は通常腫瘤を認めず、皮膚のびまん性発赤、浮腫、硬結を示す。
  • 乳房の浮腫状の腫脹と皮膚の発赤(橙皮様 皮膚 peaud’orange)をきたし、疼痛、熱感がみられる。
  • 病理組織学的には、皮膚のリンパ管内に癌 細胞の塞栓が見られる。
  • 診断時には20-30%に遠隔転移が認められる。

画像所見

  • 炎症性乳癌に特異的画像所見はない。

▶マンモグラフィ

  • 皮膚肥厚、梁柱の肥厚、構築の乱れ、びまん性の濃度上昇。

▶超音波

  • 90%以上で腫瘤、構築の乱れなどの乳房内の異常を検出。
  • 皮膚肥厚、リンパ節腫大など。

▶MRI

  • 原発巣および皮膚の異常の検出
  • 乳房浮腫(皮下や胸筋前のT2高信号域)
  • 皮膚肥厚、皮膚の濃染
  • びまん性もしくは境界不明瞭な濃染域
  • 潜在性炎症性乳癌の診断に有用

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。