Paget病(Paget’s disease)

・乳頭・乳輪の表皮内進展を特徴とする癌

・径乳管的に乳頭表皮内に進展した腺癌細胞が孤立性あるいは集簇をなして表皮内を進展。

・間質浸潤はないかあっても軽度。

・進行は遅く、予後良好

・Pagetoid癌
 ・乳腺内の浸潤癌が乳頭まで進展し、乳頭にびらんを来し たもので、病巣の管外浸潤は著しい
・リンパ節転移が多く、予後不良。

・乳房内の乳管内病変や浸潤癌の有無を確認することが重要(90%以上に合併)

画像所見

▶マンモグラフィ
・半数は正常
・乳頭乳輪部の皮膚肥厚、乳頭陥凹
・乳輪下の石灰化あるいは腫瘤

▶超音波
・乳頭乳輪部の腫瘤、石灰化、乳管拡張

▶MRI
・乳頭の異常濃染
・乳頭乳輪部の皮膚肥厚と濃染
・合併する乳房内のDCISや浸潤癌の検出に有用
・Distant, multifocal (41%), or multicentric (34%) lesions

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら