SLAP lesionとは?

  • superior labrum anterior and posterior lesionの略。(Superior Labrum:関節唇上部の Anterior and posterior:前後方向に進展する損傷)
  • 上腕二頭筋長頭腱が引っ張られ、付着部を含む関節唇上部の前方から後方にかけての損傷
  • 投球障害や外転外旋位(腕を伸展した状態)での転倒、重たいものを持ったときなどの上腕二頭筋長頭腱への負荷(牽引)により受傷する。
  • 上腕二頭筋長頭腱や腱板の損傷を伴うことがある。
  • 症状としては肩痛、脱臼感など。

SLAP lesionの分類(Snyderらの4分類)

  • type Ⅰ:関節唇上部の変性、毛羽立ち→MRIではわからない。
  • type Ⅱ:関節唇上部の剥離を伴う断裂→MRIでは関節唇の基部から外に広がる異常信号
  • type Ⅲ:バケツ柄様断裂→MRIでは関節唇上部の三日月状の垂直断裂、断裂部分の屈曲偏位
  • type Ⅳ:長頭腱近位部にまで及ぶバケツ柄様断裂→MRIでは関節唇の中から上腕二頭筋長頭腱およぶ異常信号。

SLAP lesionのMRI所見

  • 関節唇上部の信号上昇・不整、上腕二頭筋長頭腱付着部での関節窩からの関節唇剥離
  • MR関節造影で明瞭となる。
  • しばしば関節唇嚢胞を伴い、肩甲上神経絞扼の原因となる。
  • 前上方には正常変異が多いため、関節唇の後上部に着目する。
  • typeⅠは診断は難しいことが多い。また正常でも関節唇に高信号を認めることが多く、読影に苦慮することが少なくない。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。90症例以上あり、無料なのに1年以上続く講座です。10,000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。