肩峰下インピンジメントとはimpingement(衝突)

・impingementとは衝突のこと。関節内impingementと肩峰下impingementがある。

上肢を外転させたときに上腕骨頭と腱板が上方の烏口肩峰アーチに衝突を繰り返す為に起こるもので、肩関節の痛みと挙上制限が見られる。

・上肢を挙上することが多い運動や、肩峰の形態異常などが原因となる。

・Neerはインピンジメント症候群に見られる腱板の病理学的変化として、次の3段階を考えている。

stageⅠ:出血と浮腫
stageⅡ:炎症および線維化の進行
stageⅢ:腱板断裂

・治療は肩峰下滑液包へのステロイドやキシロカイン注入、肩峰前方切除など。

・臨床症状に基づく診断であり、画像では器質的病変を確認する。

impingementを示唆する所見

・肩峰下-三角筋下滑液包炎

・肩峰下骨棘

・さまざまな段階の腱板損傷

・肩鎖関節の過形成

MRIで断裂を認めないとき、とりあえず肩関節周囲炎(五十肩)もしくはimpingementの診断がなされる。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら