子宮体部の正常値

生殖可能年齢の場合

  • 体部:長軸6〜8cm、左右径・前後径5〜6cm
  • 体部:頸部の長径比=2:1〜3:1程度
  • 特徴的な3層構造:漿膜側から筋層(高信号)、junctional zone(低信号)、内膜(強い高信号)
    ※junctional zoneがT2強調像で 低信号を示す理由として、組織学的に細胞が密で細 胞外腔が少なく、水分含有量が少ないことと、核密度が高いことが報告されている。
  • 内膜の厚さは平均約1cm月経周期により正常でも15mm程度になることはある。
  • 3層構造は性周期(月経期→増殖期→排卵→分泌期→月経期…)に伴う変動が観察される。
  • 月経期:子宮内膜は薄い。 分泌期後期:子宮内膜は最も厚くなる。  juctional zoneは月経時に不明瞭、あるいは肥厚する。 外層筋層は分泌期後半にやや信号が高くなる。
  • つまり、分泌期後期において3層構造は最も明瞭。→子宮腺筋症の診断に適している。月経期には診断しにくい。

閉経後

  • 体部:長軸5cm程度、左右径、前後径は約2cm
  • 体部:頸部の長径比=1:1で、体部が特に著しく萎縮。
  • 内膜の厚さは3mmを超えない。5mm以上を異常とする記載もある。
  • junctional zoneは不鮮明で、筋層の信号は全体に低下する。

 

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。