貯留嚢胞とは

・貯留嚢胞は、洞粘膜の粘液腺の開口が閉塞することで生じる球形の嚢胞

・内容は粘液

・偶然見つかることが多く、頻度は高い。

上顎洞の下極に多く、可動性あり。重力方向に移動する。

・嚢胞が大きくなるとその表面は扁平に近くなり、液面形成に酷似することがあるが、わずかに上方に凸の表面を確認することができる。

画像所見

・CTで内容は均一な低吸収、壁は菲薄で造影されない。

・洞全体を占拠することもあるが、辺縁部に空気の残存するスペースが残っていることが多く、これを認めると粘液瘤(mucocele)との鑑別が可能。

・骨壁を圧排伸展することは稀。

・MRでは水分が多く、蛋白少ないことからT1WIで低〜中間、T2WIで高信号。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら