Sponsored Link

頸部膿瘍

・中咽頭では扁桃膿瘍、扁桃周囲膿瘍、咽後膿瘍。他は、口腔底膿瘍、顎下間隙膿瘍、咀嚼筋間隙膿瘍

・原因は上気道感染、歯性感染、外傷性、異物、医原性、鰓裂嚢胞、瘻孔感染など。

・糖尿病や免疫能低下など基礎疾患を有する場合とない場合もあり。(嫌気性菌感染など)

画像診断では、膿瘍か蜂窩織炎か、炎症波及の範囲、ドレナージの必要性・経路などを診断する。

Sponsored Link

・単純CTのみでは膿瘍の存在診断も含めて評価はしにくく、膿瘍腔のサイズや不朝などの評価に造影CTは必須である。

危険間隙に炎症が波及すると縦隔まで連続する。

・咽後膿瘍の鑑別:化膿性脊椎炎による椎周囲間隙への炎症波及と膿瘍形成、頸長筋腱炎・筋炎。

頸部膿瘍の種類

  • 口蓋扁桃膿瘍(扁桃の中に限り存在)
  • 扁桃周囲膿瘍
  • 咽後膿瘍(咽頭後間隙にある)
  • 舌扁桃膿瘍
扁桃周囲膿瘍

・扁桃周囲腔とは、口蓋扁桃を取り囲む被膜と、覆う咽頭収縮筋、頬咽頭筋膜との間にある潜在的な間隙。

・小児-若年で男性にやや多い。

・起炎菌として、インフルエンザ菌B型が最多。他、肺炎球菌やA群レンサ球菌がある。

・多くは片側性だが両側の場合もある。

・炎症の主座により、上極型と下極型に分かれる。多くは上極型。

・下極型では、炎症が波及して、急性喉頭蓋円や咽後膿瘍などを合併することがあるので注意。

・単純X線側面像で、thumb signと呼ばれる喉頭蓋の腫大や披裂喉頭蓋ひだの肥厚などがある。

症例

hentou


 

症例

hentou1


症例 70歳代男性 急性喉頭蓋炎の合併

abscess

症例 60 歳代の男性。頸部痛。

retropharyngeal abscess2013年放射線科診断専門医試験問題20より引用。

咽頭後壁と椎体の間に膿瘍の疑い。咽後膿瘍の疑い。

動画で学ぶ扁桃周囲膿瘍①


 動画で学ぶ扁桃周囲膿瘍②

※膿瘍を作らずに広い蜂窩織炎を作ってくることがある。その場合は嫌気性を考える。

危険間隙

咽頭後間隙と椎周囲間隙(閉鎖間隙)の間を危険間隙という。閉鎖間隙ではないので上下に炎症が広がる。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら