Sponsored Link

好酸球性副鼻腔炎(eosinophilic sinusitis)

・従来は慢性副鼻腔炎に含まれていたが、最近は1つの疾患概念として確立。粘膜/鼻ポリープに著明な好酸球浸潤を伴う、難治性・易再発性の慢性鼻副鼻腔炎。

気管支喘息との関連大。

・アスピリン喘息における副鼻腔炎は難治性。

画像所見

著明な両側性びまん性軟部構造。(片側性の場合はアレルギー性真菌性副鼻腔炎の可能性が高い。)

篩骨洞〜中鼻道優位。下鼻道領域は保たれる傾向にある。

・著明な鼻腔ポリープ形成

・アレルギー性ムチンによりCTにてやや高吸収(アレルギー性ムチン)の構造。T2WIで著明な低信号のため含気があるように見える場合もある。

・洞内圧上昇により骨壁のpressure erosionが起こる事あり。術前評価で重要。

症例① 60歳代女性

eosino

症例②

[illust_bubble subhead=”両側著明な粘膜肥厚+内部に高吸収域” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]をみたら好酸球性副鼻腔炎を鑑別に挙げるようにしましょう。[/illust_bubble]

Sponsored Link

 

関連記事はこちら