Sponsored Link

泣き止まない赤ちゃんを見たときの鑑別

・95%は何ともない。本当に病気は5%。

IT CRIES

  • I infection(尿路感染、中耳炎、髄膜炎など)
  • T trauma(骨折、虐待)、FB(異物)、Testicular torsion(精巣捻転)
  • C Cardiac(SVT上室性頻拍、CHF)
  • R Reflux(逆流)、Reaction to formula(ミルクアレルギー)、Reaction to medication(薬剤副作用)
  • I insect bite(虫さされ)、Immunization(予防接種反応)
  • E eye(角膜びらん、異物、緑内障) ※赤ちゃんの爪は鋭い。
  • S surgical(回転異常、腸重積、ヘルニア)、strangulation(hair tourniquet)、skin(おむつ、汗疹、虫さされ、服がきつい、暑い寒い)

特徴的なもの

  • 足の趾に髪の毛が絡まる→Hair touniquet syndrome
  • 甲高い啼泣(high pitch cry)→脳炎
  • 間欠的な啼泣→腸重積
  • 未熟児→鼠径ヘルニアも多い。
  • 口の中もチェック→ヘルパンギーナ、鵞口そうなど。

検査してわかる疾患

尿路感染>鎖骨骨折

・なので、尿検査はしておく。

・検査漬けよりも、フォローをしっかりする。

乳児疝痛(infant colic)

赤ちゃんの激しい泣きのこと。疝痛は一般的には「3ヶ月コリック」と呼ばれる。夕方以降に始まることが多いので、「夕暮れ泣き」や「たそがれ泣き」とも呼ばれる。

3-3-3の法則

  • >3時間/日
  • >3日/週
  • >3週間
  • 生後3週〜4ヶ月

・生後6週 平均3.5時間/日

・午後3時〜11時に多い。

・2ヶ月目がピーク。

・2週〜4ヶ月の児の2-12%。

・体重増加は問題なし。

・夜間の豆電球はダメ

・昔は消化器の問題と思われていた。

・ミルクアレルギーが10〜15%。

・胃食道逆流は2〜4%。

対処

1−2時間経過観察する。自然に泣き止めば24時間後フォロー

・泣き止まないなら検査

・繰り返して、3-3-3の法則に当てはまるなら、「安心するよう説明!」

・でも、泣いて困る→なだめる。

なだめかた=5s

  • swaddling 布でくるむ
  • side position 横抱き
  • shushing シー!静かに
  • swinging 揺らす
  • suckng おしゃぶり

子宮にいたときのリズムカルな音や動きが恋しいから泣く。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら