Sponsored Link

血管腫(hemangioma)

・良性軟部腫瘍の7%を占める最も多い軟部腫瘍。

・皮膚-皮下組織、深部までさまざまな部位に発生するが、皮下などの表層に好発する。

拡張した血管腔であり、浸潤性に発育する。

・組織学的には多くはvenous malformation(細胞増殖を伴わない先天的な血管形成異常で成長とともに進行するもの)に属する。国際血管腫・血管奇形学会(ISSVA)による分類。

画像所見

▶単純X線・CT:円形の境界明瞭な静脈石(石灰化)を認めることが多い。

▶MRI所見:

・T2WIでは、拡張した血管腔はぶどう房状の多発分葉状高信号域(bunch of grapes)として認められ、線維性隔壁は線状・網状低信号域、静脈石は点状低信号域(dot sign) を呈する。

・T1WIでは血液の貯留を反映して筋肉と等-高信号。

・脂肪の介在。

・関与血管の描出。fast flowかslow flowかが治療に必要

症例 40歳代女性

hemangioma1 hemangioma2

鑑別

・若年女性、flow void目立つとき→胞巣状軟部肉腫(alveolar soft-part sarcoma)の可能性あり。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら