Sponsored Link

サイトメガロウイルス肺炎

・ニューモシスチス肺炎同様、免疫不全状態の患者に発生する重要な日和見感染症

・ヘルペスウイルス科に属するDNAウイルス。

日本人は成人までに90〜95%の人が罹患しているが、ほとんどは不顕性感染でウイルス抗体陽性となっている。

・健常人での初感染では、一過性の急性肝障害や伝染性単核球症を引き起こす。

・発症機序は幼児期の潜行感染の再活性化

・主として移植患者(通常造血幹細胞移植、臓器移植患者)に発症することが多い。

・意外にもAIDS患者はまれ

・骨髄移植や造血幹細胞移植では、移植後およそ30〜100日の間の早期合併症として発症する場合が多い。

・発熱、乾性咳嗽、呼吸困難、低酸素血症が見られる。

・検査法にはCMV antigenemia法、shell vial法、PCR法など。

画像所見

▶CT所見:

・下肺野中心の広範なすりガラス影、浸潤影、結節影の混在が最も高頻度。

結節は小葉中心性 and/or (血行散布性に)ランダム分布をする。

PCPと比べて結節影の頻度が多いことが特徴。またPCPより画像所見は多彩。

・リンパ節腫大や胸水を伴うこともある。

ニューモシスチス肺炎とサイトメガロウイルス肺炎の鑑別

・ともにびまん性のすりガラス影主体の陰影で非常に似ている。

・PCPはモザイク状の陰影の頻度が高い、またすりガラス影は比較的均一

・CMV肺炎は結節影の頻度が高い。特に小葉中心性に認められる点が鑑別に役立つ。(より粒粒なのがサイトメガロ)

・PCPで微細粒状影を伴うものは、治癒が遷延しやすく、その場合は、CMV肺炎の合併を考える。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら