Sponsored Link

過敏性肺臓炎(Hypersensitivity Pneumonitis:HP)

・抗原を経気道的に繰り返し吸引→感作が成立→抗原に対して免疫が過剰反応を示す結果生じるアレルギー性肺炎。

夏型過敏性肺臓炎3/4を占める。居住環境に増殖するトリコスポロン(Trichosporon asahii)を吸入抗原とする

・その他には、細菌や抗酸菌といった微生物、動物などの異種蛋白、イソシアネートなどの化学化合物が抗原となる。

Sponsored Link

・農夫肺、塗装工肺、きのこ栽培者肺、さとうきび肺、温室栽培者肺といった職業肺や、ペットによる鳥飼病、最多である夏型過敏性肺炎、空調肺、加湿器肺、羽毛布団肺など住まいの環境によるものまである。

・経気道的に吸入された抗原に対する細気管支~肺胞レベルでのアレルギー反応。Ⅲ型およびⅣ型アレルギーが関与。病理では細気管支からその周辺の肉芽腫性病変。

・急性(4-6時間)、亜急性、慢性型があるが、通常遭遇するのは亜急性型

・急性型は比較的大量な抗原に曝露された場合に4−6時間で発症、亜急性型は数週〜数ヶ月で発症する。

・慢性型は特発性間質性肺炎と鑑別が難しいものもある。慢性型は鳥抗原にする者が多い。

・入院にて症状が改善するのが特徴。

・高温多湿、4-10月、関東~西日本に多い。

・抗体測定、チャレンジテスト。

HPの画像所見

▶CT所見:

①急性型:

・浸潤影が主体。
・斑状・びまん性GGO+小葉中心性結節、浸潤影
・Mosaic attenuation
(∵吸入抗原の分布で不規則になると部分的にspareされる場所が出てくる、小葉単位で病変の強弱あり)

②亜急性期:

びまん性小葉中心性の結節状すりガラス影air trappingによる小葉性モザイクパターン。(air trappingがある点が薬剤性や溶接工肺との鑑別点)

③慢性型:

上肺優位の線維化+小葉中心性粒状影が典型的だがバリエーションあり。

症例 70歳代男性 夏型過敏性肺臓炎(亜急性型)

Hypersensitivity Pneumonitis2 Hypersensitivity Pneumonitis


 

症例 70歳代女性 上記患者の同居人。夏型過敏性肺臓炎(亜急性型)

hp

RadioGraphics, Nov 2009, Vol. 29:1921–1938より引用。

 


症例 40 歳代の男性。乾性咳嗽。

HYPERSENSITIVITY PNEUMONITIS

2011年放射線科診断専門医試験問題30より引用。

小葉中心性の淡いすりガラス結節影。過敏性肺臓炎を疑う所見。

 

症例 30歳代男性 2週間前からの咳、発熱

Hypersensitivity Pneumonitis(2009年放射線科診断専門医試験問題22より引用。)

両側にびまん性に小葉中心性の淡い粒状影あり。過敏性肺臓炎を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら