Sponsored Link

empty sella(トルコ鞍空洞症候群)とは

  • empty sellaはトルコ鞍が拡大し、鞍上部からくも膜下腔が下垂した状態。
  • 剖検症例の数%にあり。
  • CT、MRでしばしば遭遇する。

empty sella(トルコ鞍空洞症候群)の原因は?

原発性がほとんど
鞍隔膜の形成不全→トルコ鞍部で髄液の拍動を強く受ける→くも膜下腔が下垂→下垂体が菲薄化

■二次性:

  • 妊娠の度に下垂体が増大、縮小を繰り返すため(これが多い。なので女性)
  • 下垂体卒中。
  • 良性頭蓋内圧亢進症
  • 自己免疫性下垂体炎(下垂体抗体)
  • 外科あるいは放射線治療後
  • 外傷
  • ほとんどが無症状であるが、時に頭痛、視野障害、下垂体機能低下を来すことがある。症状があればトルコ鞍空洞症候群と呼ばれる。
  • 髄液の拍動圧により骨が菲薄化、欠損し、さらには髄液鼻漏を生じたという報告を認める。
動画で学ぶempty sella

▶キー画像

emptysella1 emptysella2

病的意義がないことが多いので、あえて画像のレポートに記載しなくても良いと言われます。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら