頭部CTで皮膚や皮下に肥厚や石灰化を認めた場合、何を考える必要があるのでしょうか。

頭部CTで皮膚に肥厚を認めた場合の鑑別

びまん性肥厚を認めた場合は、

  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎

などを考える。

皮下組織が波打つような肥厚を認めた場合は、

  • 肥大性皮膚骨膜症(pachydermoperiostosis)

などを考える。

頭部CTで頭部皮下に多発石灰化を認めた場合の鑑別

  • 石灰化上皮腫(calcifying epithelioma)
  • 動脈壁の石灰化(透析患者に多い)
  • 多発毛嚢炎などの炎症による石灰化
  • 副甲状腺機能亢進症

などを考える。

頭部CTで両側耳介の肥厚や石灰化を認めた場合の鑑別

  • 柔道などの激しく耳介が接触するスポーツによる耳介血腫・慢性炎症
  • アトピー性皮膚炎で耳介への叩打によって生じた耳介血腫・慢性炎症
  • 再発性多発軟骨炎
  • 高カルシウム血症(副腎皮質機能低下症、副腎機能亢進症など)

などを考える。

参考・引用)画像診断 vol.37 No.13 2017 P1287-1302

スポンサーリンク

関連記事はこちら