痛風性関節炎、痛風結節

・痛風により骨関節病変は急性痛風性関節炎慢性結節性痛風がある。

・足に多いが、手にも見られ、単関節のときも左右非対称性に多関節を侵すこともある。

・痛風による関節症は、軟骨や軟骨下骨、滑膜、関節包、関節周囲軟部組織に尿酸が沈着する。

・結果、非特異的な急性炎症が、下肢、特に母趾MP関節に生じる。

・初期は、軟骨の表層のみに、進行すると深層に至り、軟骨下や深部の骨組織に沈着するようになる。

・この過程で骨に嚢胞性変化を来たしたり、骨性の輪郭を有するびらんを形成する。

・痛風結節は、慢性期に生じ、関節軟骨、骨、関節包、腱、靭帯、滑液包などに生じる。サイズが増大すると石灰化や骨化をきたす。

・肘頭の滑液包炎を伴うことがあり、特に両側性に生じた場合は痛風を疑う兆候とされる。

痛風性関節炎、痛風結節の画像診断

・関節裂隙は比較的保たれるが、晩期には狭小化を認める。

・関節内病変の骨びらんは関節辺縁に始まり、中心部に進展する。痛風結節による骨びらんは一般的に硬化縁を伴い、overhanging margin(痛風結節が骨をえぐるように進展し骨が円弧状に伸びる)と呼ばれる。

・痛風結節は、MRIにてT1WI、T2WIともに低信号を示すとされる。

症例 60歳代男性

overhanging margin

右2指のPIP関節周囲に骨びらんあり。びらんは硬化縁を伴っており、いわゆるoverhanging marginを示唆する所見。関節周囲の痛風結節はT1WIおよびT2WIにて低信号を呈している。


関連記事はこちら