Sponsored Link

視床下部過誤腫(hypothalamic hamartoma)

・視床下部神経やグリア組織からなる過誤腫で、真の腫瘍ではない。

思春期早発症や、けいれん発作、笑い発作で発症する。

Sponsored Link

・視床下部の灰白隆起から脚間槽に突出する腫瘤として認められる。

・2歳までの発症が多く、男児に多い。ただし10代などでもみられる。

・組織学的には正常の灰白質に類似する。

・内部には様々な程度のグリオーシスが見られ、MRIの信号強度を左右する。

視床下部過誤腫のMRI画像診断

・T1WIにて等信号、T2WIにて等信号〜軽度高信号を示し、造影効果は認めない

・思春期早発症を来す過誤腫はサイズが小さいことがあるので注意。

・T2WIで明らかに高信号を知恵する場合は、神経膠腫などの腫瘍との鑑別が必要になることもある。

症例 4 歳の女児。1 歳半から思春期早発症状が認められ、てんかん発作が出現した。

HYPOTHALAMIC HAMARTOMA(2008年放射線科診断専門医試験問題12より引用。)

視床下部から鞍上部に境界明瞭な腫瘤あり。T1WIで等信号、T2WI で軽度高信号を呈する。造影効果は認められない。これらより、またエピソードより、灰白隆起に発生した視床下部過誤腫を疑う。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら