Sponsored Link

骨軟骨腫(osteochondroma)

・外骨腫(exostosis)とも呼ばれる。骨皮質と骨髄を有する良性腫瘍。ただし悪性化あり。

・異所性の骨端線を母地とし、軟骨性骨化により、骨性隆起を形成する疾患。軟骨帽(cartilage cap)を先端に有する。軟骨帽は次第に骨化する。

Sponsored Link

軟骨帽(cartilage cap)は数ミリであることが多い。

・外傷、放射線治療(幼児期での照射)が原因となることもある

10歳代の男子に多い。

大腿骨遠位、脛骨近位、腸骨や肩甲骨に好発する。

・無痛性でゆっくり増大する腫瘤。

・軟骨性骨化が止まると、病変の増大も止まる。

・症状が出るのは、腫瘤に接する滑液包が形成され、その炎症、出血に伴う運動障害や周囲血管・神経への圧迫が原因である。

・骨軟骨腫が多発する疾患を多発性骨軟骨腫症と呼ぶ。多発性骨軟骨腫や多発性内軟骨腫には軟骨肉腫が続発し、組織学的に低悪性度を示すことが多い。(軟骨肉腫の約10~20%が骨軟骨腫や内軟骨腫より発生するとされている)。

・軟骨帽が2-3cmを超えると、悪性化を示唆する。成長軟骨閉鎖後の増大や疼痛は悪性化を示唆する。

・孤立性の骨軟骨腫の悪性化は1%以下。多発性骨軟骨腫の悪性化は5%程度。

骨軟骨腫の画像所見

診断は単純X線写真のみで可能なことが多い。

骨性隆起性病変として認められる。先端部には軟骨帽が認められる。母床骨と病変の骨皮質と骨髄腔が連続している。

・形態は種々で、広基性(お皿状)のものから有茎性(きのこ状)のものまである。有茎性のものは、関節から遠ざかる方向に発育する。

・広基性の場合、CTやMRIが有用。軟骨帽の存在はT2強調像にて高信号(T1強調像では低信号)を示す構造として確認できる。

・ただし、成人の場合はこの軟骨帽を認めないこともある。

症例 2歳女児 右前腕の腫脹および運動時痛

osteochondroma

放射線科専門医2010年10番より引用。

右手遠位(尺骨?)にT2WIにて高信号を呈する軟骨帽 を有する腫瘤あり。骨軟骨種を疑う所見。

参考文献)
・骨軟部疾患の画像診断第2版 P342-343

Sponsored Link

 

関連記事はこちら