Sponsored Link

線維腺腫(Fibroadenoma:FA)

  • 上皮と間質の両者が増殖する過形成性増殖。
  • 乳腺良性腫瘤の中で最多。多発、両側例もしばしばあり。
  • 20〜30歳代に多い。閉経後は自然退縮する。
  • 病理:上皮成分の組織形態により4つに分類される。管内型、管周囲型、類臓器型、乳腺症型の4つ。
  • 自然退縮もあり治療の必要なし。線維腺腫内に乳癌が発生することはまれ。
  • 7割はサイズ変化なし-退縮、3割はサイズが増大する。
  • 3cm以上の場合や症状がある場合は摘出の適応となる。

画像所見

症例 30歳代女性 検診

Fibroadenoma

退縮した線維腺腫を疑う粗大石灰化が認められる。(放射線科診断専門医試験問題2010年36番より引用)

  • 4亜型を画像で診断する必要はない。陳旧性線維腺腫か否かを判断できればよい。
  • 境界明瞭平滑で扁平な腫瘤。超音波で、縦横比は0.6以下が多い。
  • 内部性状は間質成分の性状により、粘液浮腫状(粘液癌と似ている)から硝子化から石灰化を伴うものまである。
  • MRIでは、浮腫状のものはT2WIで著明な高信号を示し、強く造影されることが多い。この場合は、鑑別として粘液癌を考慮する。
  • 内部には密な膠原線維帯を反映して、T2WIで低信号を呈する隔壁を認めることがあり、dark internal septationと呼ばれる。
  • 間質の浮腫が減るにつれてT2WIの信号は等信号に近づき、同時に造影効果も減弱していく。特に、間質の硝子化が進んだ陳旧性の線維腺腫の場合、T2WIで低信号を呈し、造影されなくなる。両者が混在して、悪性と鑑別が困難な場合もある。
  • 典型例では、ダイナミックでは、persisitentパターンが典型的だが、若年者の血流の多いものだと、washoutを呈することもある。
  • DWIでは、T2 shine-throughの影響により高信号を呈するが、ADCは高値なので悪性と鑑別できる。

Sponsored Link

線維腺腫と粘液癌の鑑別点

  FA(浮腫状) FA(硝子化) 粘液癌
エコー 低-等エコー
後方エコー増強
低エコー
後方エコー減弱
等-高エコー
後方エコー増強
T2WI 高信号 低信号 著明な高信号
ダイナミック Persistent
Rapid-plateau
弱いPersistent 弱いPersistent
症例 30 歳代の女性。右乳腺腫瘤を触知したため来院

FA

放射線科診断専門医試験問題2007年39より引用。

脂肪抑制T2WIにて著明な高信号を、脂肪抑制T1WIにて等信号、造影にて均一に著明に造影されている。脂肪抑制T2WIおよび造影にて内部に隔壁様構造を認めており、dark internal septationを疑う所見。粘液癌としては造影効果が均一であり、粘液変性を生じた線維腺腫が疑われる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら