乳腺超音波による組織特性

  • 乳腺超音波では、病変の形態および内部の組織構築を見ることができる。
  • 組織によって異なるのは腫瘤の内部エコー、後方エコーである。

後方エコー

  • 後方エコーは、腫瘤より深い(腫瘤の向こう側)部位のエコーの性状のこと。腫瘤内部でどれだけ超音波が減衰するかによって見え方は異なる。
  • 減衰が少ないのは、水や粘液細胞も水が多いので細胞密度が高い腫瘤の後方エコーは増強する。
  • 一方、減衰が多い=吸収が強いのは線維成分や硝子化したもので、この場合後方エコーは減弱する。
  • ちなみに減衰は、吸収、反射、散乱などで起こる。反射により減衰するのは石灰化によるもの。

内部エコー

  • 内部エコーは腫瘤内部での超音波の散乱の強さを示すことが多い。
  • 散乱が強いものは、小さく、不均一な構造。
  • それを低エコーである脂肪組織と比較して、無・(極低)・低・等・高で評価する。
  • 乳頭状構造や粘液癌のようなスポンジ様構造は散乱が強い。=高エコーとなる。

こちらにもまとめました。→乳腺エコーとは?わかることは?

腫瘤の後方エコーと内部エコーから見た主な疾患の鑑別診断

                後方エコー
増強

不変

減弱




嚢胞
極低 濃縮嚢胞 濃縮嚢胞 濃縮嚢胞
硬癌
線維腺腫
乳管内乳頭腫
葉状腫瘍
充実腺管癌
非浸潤性乳管癌
線維腺腫
乳管内乳頭腫
乳頭腺管癌
非浸潤性乳管癌
陳旧性線維腺腫
硬化性腺症
硬癌
浸潤性小葉癌
乳管内乳頭腫
粘液癌
脂肪腫
過誤腫
粘液癌 シリコン肉芽腫
硬癌
浸潤性小葉癌

画像診断vol.33.No9,2013 乳房超音波画像の見方 東野英利子先生を一部改変

症例 70 歳代の女性。偶然右乳房腫瘤を指摘された。

sccirhus(2008年放射線科診断専門医試験問題38番より引用。)

右D領域に不整形腫瘤を認める。内部は低エコーで、後方エコーは減弱。辺縁はスピキュラ状で、境界部高エコー(halo)像あり。硬癌を疑う所見。

症例 20 歳代の女性。左乳房腫瘤。

fibroadenoma2013年放射線科診断専門医試験問題39より引用。

内部低エコー、後方エコーの増強あり。嚢胞や細胞成分多いもの。線維腺腫や葉状腫瘍などを疑う所見。

症例 70歳代女性

Mucinous carcinoma(放射線科診断専門医試験問題2010年37より引用)

超音波写真は境界明瞭な充実性腫瘤で、内部エコーレベルは高く、後方エコーが増強している。粘液癌として特徴的な所見である。

症例 60 歳代の女性。左乳房に硬い腫瘤を触知したため来院。

mastopathy

乳腺深部に腫瘤像非形成性病変あり。斑状低エコー所見の内部に点状の高信号が散見されている。乳腺内の斑状、まだら状、または地図状エコーはカテゴリー3に分類され、鑑別に乳腺症、非浸潤性乳管癌などがふくまれる。


スポンサーリンク



関連記事はこちら