胆石の種類

  • コレステロール胆石:純コレステロール石、混成石、混合石
  • 色素胆石:黒色石、ビリルビンカルシウム石
  • 稀な胆石:炭酸カルシウム石、脂肪酸カルシウム石、他の混成石など

※黒字はCTで高吸収(=白く)に見えることが多いもの、青字はCTで見えないことが多いもの。

コレステロール胆石

純コレステロール石(pure cholesterol stone)

  • CTでやや高吸収〜やや低吸収とCTではわからないことも多い。
  • 割面はコレステロール結晶が中心より放射状配列。
  • 胆石の10%を占める。

混成石(combination stone)

  • コレステロール石あるいは混合石をカルシウム塩が包み込んだものなので、辺縁がCTでリング状に高吸収に見える。
  • 割面はコレステロールとビリルビンが混在した放射・層状割面。
  • 胆石の50%を占める。

症例 50歳代男性

gall stone CT

辺縁にリング状の層状構造あり。

混成石を疑う所見です。

症例 70歳代女性

混成石のCT画像所見

層状に石灰化を認める胆石あり。

混成石を疑う所見です。

混合石(mixed stone)

  • コレステロールと色素が混合したもの。コレステロールが多いほど低吸収となり、CTでは見えにくくなる。
  • 割面はコレステロールまたは混合石からなる内層とビリルビン結石からなる外層の二層構造。
  • Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)徴候を見ることがある。
  • 胆石の5%を占める。
症例 50歳代男性

胆嚢結石を認め内部にメルセデスベンツのロゴのような低吸収域を認めています。

混成石を疑う所見です。

その底部側にも結石あり。

色素胆石

  • 黒色石はカルシウムを含んでいることが多く、CTで高吸収に見えることが多い。
  • ビリルビンカルシウム石は、感染を伴う胆道で形成される。CTで高吸収に見えることが多い。

稀な胆石

  • いずれもカルシウムを含有しておりCTで高吸収に見えることが多い。

 

CTで見えない胆石の割合は?

  • 胆嚢結石の1割、胆管結石の1割弱は、CTで同定できない。
  • 逆に言えば、9割くらいの胆嚢結石、胆管結石はCTで同定できるということになる。
  • しかし実際は、造影CTのみ撮影される(造影CTでは単純CTよりも見えないことが多い)ことも多いのと、わずかに高吸収な結石も多数あるため、CTで同定できる結石はもっと少ない

 


スポンサーリンク

関連記事はこちら