Sponsored Link

心筋シンチグラフィの読影の仕方(支配血管と部位の関係)

・心筋 SPECTと、血管、部位の関係は次のよう。

Myocardial scintigraphy

運動負荷→安静時の血流シンチのみのパターン

症例 70 歳代の女性。最近散歩時の坂道で胸部絞扼感。

myocardial scintigraphy2013年放射線科診断専門医試験問題69より引用。

負荷時に下壁に相当する部位に集積低下を認めるが、安静時には集積を認めており、右冠動脈領域の虚血を疑う所見。

 

症例 60 歳代の女性。最近,労作時胸痛があり,精査のため来院

外来にて運動負荷心筋血流シンチグラフィーを施行した。

myocardial scinti(2008年放射線科診断専門医試験問題69より引用。)

運動負荷時の短軸画像で左心室前壁中隔に集積低下を認めているが、安静時には集積を認めており、心筋虚血を疑う所見。上の表を見ると、同部位はLAD領域であることがわかる。

症例 50 歳台の男性。

労作時胸部不快感があるため受診した。運動負荷心筋血流 SPECT を示す。

cardial scinti(2009年放射線科診断専門医試験問題67より引用。)

心尖部から側壁に運動負荷時には集積低下あり、安静時にはほぼ集積は正常範囲(一部心尖部には集積低下もあるように見えるが)。したがって選択肢からは側壁の虚血が疑われる。

症例 65 歳の男性。胸痛を訴えて来院。

Tl spect2005年放射線科診断専門医試験問題63より引用。

負荷時は心尖部~前壁中隔、下壁側の一部に集積低下を認めるが、安静時にて同部の集積は再分布を呈している。前壁中隔を中心とした虚血の所見。その責任冠動脈は前下行枝(LAD)である。

症例 60 歳代の男性。2 か月前から階段を上ると絞灼感あり。201Tl 負荷心筋 SPECT

201Tl SPECT

2014年放射線科診断専門医試験問題68,2011年80より引用。

短軸像。中隔から前壁、一部下壁にも異常低下あり。中隔および前壁の一部のみで再分布がある。梗塞+虚血の混在のパターン(不完全再分布)が疑われる。LAD領域がメイン。

ピロリン酸SPECTの読影

症例 60 歳台の女性。

冷汗,胸部不快感を主訴に来院した。翌日の安静時心筋血流 SPECT とピロリン酸 SPECT を示す。

AMI scinti(2009年放射線科診断専門医試験問題68より引用)

タリウム心筋血流シンチで側壁に集積低下あり。一方で、同部位には、ピロリン酸シンチでは集積を認める。99mTc-ピロリン酸は急性心筋梗塞における壊死心筋に集積するので、同部位に急性期心筋梗塞があることがわかる。

FDG-PETの読影

症例 60 歳代の男性。下壁心筋梗塞部 viability 評価のため安静時201TlCl 心筋 SPECT および糖負荷18F-FDG 心筋 PET を施行した。

BMIPP SPECT2008年放射線科診断専門医試験問題68より引用

201-TlClで左心室下壁の血流低下を認めているが、18F-FDG では下壁の集積は201-TlClほどは低下を認めていない。これは、同部位に心筋 viabilityが残存していることを示唆する。ここで心筋脂肪酸代謝を反映する123I-BMIPP SPECTを施行すると、心筋脂肪酸代謝障害は心筋血流障害よりも顕著な所見を呈するため、Tlよりもさらに集積が低下した所見を呈する。

BMIPPシンチの読影

症例 50 歳代の男性。安静時に胸痛あり,次第に増強。

BMIPP

2007年放射線科診断専門医試験問題65より引用。

MIBIシンチでは異常所見なし。つまり、心筋血流は正常。ところが、BMIPPシンチでは下壁に相当する部位に集積低下あり。脂肪酸代謝の異常を疑う所見。下壁に虚血発作があったと考えられる=虚血メモリー。
※血行再建成功後も脂肪酸代謝障害は遷延して認められるため、BMIPP シンチは傷害心筋のメモリーイメージング(虚血メモリー)に用いられる。

症例 52 歳の女性。登山にて前胸部不快感。

123I-BMIPP2005年放射線科診断専門医試験問題64より引用。

99mTc-tetrofosminシンチでは異常所見なし。つまり、心筋血流は正常。ところが、BMIPPシンチでは前壁に相当する部位に集積低下あり(ミスマッチあり)。脂肪酸代謝の異常を疑う所見。前壁に虚血発作があったと考えられる=虚血メモリー。結果、脂肪酸代謝異常=心筋障害を引きおこしたと考えられる。

冠動脈インターベンション前後のシンチの読影

症例 50 歳代の男性。1 カ月前から労作時に前胸部圧迫感が出現。

冠動脈インターベンションが行われた。治療前後の心筋血流シンチグラム(負荷再分布)を示す。

myocardial perfusion scan

2007年放射線科診断専門医試験問題66より引用。

治療前は、負荷にて心尖部や前壁〜中隔にて、集積低下あり。再灌流にて中隔はほぼ集積を認めているが、前壁には集積低下の残存あり。LAD領域の心筋虚血が疑われる。一方治療後では、負荷の前後で異常な集積低下は認めておらず、血行再建の効果は良好と判断できる。

 症例 60 歳の男性。急性心筋梗塞(下壁)

直ちにステント留置にて再灌流療法が行われた。再灌流療法 2 日後,201Tl を安静時に投与し,10 分後と 4 時間後に心筋血流 SPECT を撮像。

201Tl2005年放射線科診断専門医試験問題65より引用。

再灌流治療後に、10分後に下壁に血流あるも、4時間後には血流低下あり。洗い出しが亢進しており、逆再分布が起こっており、血行再建術に成功した場合に見られる現象。この現象が起こっている領域の術後の機能回復は期待できる。従って、心筋血流は再開通しており、慢性期の機能の回復は期待できる。

症例 50 歳の男性。急性心筋梗塞にて、再潅流療法を行った。

reverse redistribution2006年放射線科診断専門医試験問題65より引用。

負荷にて前壁中隔〜心尖部にかけて集積低下あり、4時間後像では同部位の集積はより低下しており、ブルズアイ表示でも同部の洗い出し亢進が示されている。これは逆再分布が起こっており、血行再建術に成功した場合に見られる現象。この現象が起こっている領域の術後の機能回復は期待できる。

下壁の集積も低下して見えるが明らかな虚血性変化は認められず、深部減衰に伴う疑陽性所見の可能性が疑われる。


肥大型心筋症のシンチ

症例 胸痛と意識消失発作を主訴に来院。心尖部肥大型心筋症の症例。

201Tl 運動負荷心筋シンチグラム(運動負荷時,4 時間後)

apical hypertrophic cardiomyopathy2006年放射線科診断専門医試験問題64より引用。

運動負荷像では、4時間像と比較すると心尖部(肥厚部)の集積が少ない。4時間後像で心尖部に集積亢進を認めており、同部位の相対的な血流低下および虚血が疑われる。心尖部肥大型心筋症を疑う所見。

※肥大部の集積亢進≠心筋灌流増加。非肥大部に比べ相対的に集積が高く見えるため。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら