Sponsored Link

高血圧性皮質下出血

・MCAやACA、PCAの末梢皮質枝から脳表灰白質を穿通する髄質動脈が責任血管。

・血流動態的には、被殻や視床、脳幹部への深部穿通枝と比較して、高血圧の影響は少ない。

70歳以上に好発し、脳アミロイドアンギオパチーとの鑑別が問題となるが、オーバーラップしているものもあると考えられている。(ともに空間的・時間的に多発したり、クモ膜下出血をともなうことがある。)

頭頂葉が好発部位。

・他の高血圧性脳出血よりも高齢で生じやすいため、若年者の皮質下出血を見た場合は、高血圧性よりも動静脈奇形や硬膜動静脈瘻などの二次性脳出血をまず考慮する。

関連記事)皮質下出血の症状は?画像診断、治療法のまとめ!

90歳代女性 高血圧性皮質下出血

hemo

参考)

症例 80歳代男性 皮質下出血あり。被殻や視床などに微小出血がなく、アミロイドアンギオパチー疑い。

cerebral amyloid angiopathy1

Sponsored Link

 

関連記事はこちら