Sponsored Link

クモ膜下出血(SAH)の画像診断

MRI(特にFLAIR)の特徴、注意点

FLAIRであれば急性期のみならず亜急性期例の診断が可能。CTと同等以上とされる。

急性期はCTと同等、亜急性期はCT以上

・なので、SAHが疑わしいけど、CTでははっきりしない。だから、腰椎穿刺ではなく、FLAIRを撮影せよ。

軽微なSAHもFLAIRであれば明瞭な高信号として描出される。高信号が認めなくても、FLAIRにてくも膜下腔に(黒い)動脈が見える(正常では見えない。くも膜下腔内の濃度が上昇しているため浮き出て見える。)

・ただし、CT同様、FLAIRにてSAHを指摘できても、否定することはできない

・また、FLAIRでくも膜下腔が高信号を呈する病変・病態を知る。

指導医
ここからはFLAIRでSAHのようにみえるけども、実際はSAHではない病態について見ていきましょう。

FLAIRでくも膜下腔が高信号を呈する病変・病態

  • アーチファクト(髄液流、血管拍動、金属の存在)
  • くも膜下出血(急性期〜亜急性期)
  • 髄膜炎(癌性、化膿性)
  • もやもや病(側副血行路:ivy sign)
  • 神経皮膚黒色腫症
  • サルコイドーシス
  • 脳梗塞、静脈塞栓(造影剤漏出による)
  • 硬膜動静脈瘻
  • 脂肪(脂肪腫、破裂類皮腫成分)
  • 数分間以上の高濃度酸素吸入中
  • 腎不全患者にてGd系造影剤投与数日
  • リピオドールなどの油性造影剤
  • 占拠性病変による周囲の脳脊髄液の停滞。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら