Sponsored Link

脳底動脈先端症候群(top of the basilar syndrome)

・後大脳動脈近位側3〜4mmより出る穿通枝の塞栓により発症する。

・一側PCAから出る穿通枝は中脳視床背側および視床正中部の両側を養うため、蝶形の梗塞を認める。また後頭葉や側頭葉にも梗塞巣を作る。

・一側または両側動眼神経麻痺、Parinaud徴候、下方注視麻痺を来たし、同時に意識障害、無為、記憶障害を伴う。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら