Sponsored Link

類骨骨腫(osteoid osteoma)

  • 若年に多く、10-20歳代に多い。4歳以下や40歳以上には稀。男性に多い。
  • 大腿骨、脛骨など、長管骨の骨幹、骨幹端に生じる。
  • 椎骨にも生じ、多くは椎体後方成分にみられる。
  • 夜間増強する疼痛があり(涙(るい)が出るほど痛いと覚える)、アスピリン服用で軽快する。
  • 関節に面した場合、関節液貯留などの関節炎症状が出現する。
  • プロスタグランジン産生能があり、疼痛の原因とされているが、厳密には不明。
  • 腫瘍そのものは良性であり、経過観察で問題ないが、疼痛のため摘出術が施行されることが多い。

類骨骨腫の画像所見

CT、レントゲン

  • 中核であるnidusは結節状の透過性亢進領域として認められる。nidus内には石灰化を伴うことがある。
  • 周囲には反応性の硬化縁を伴う。
  • 周囲の変化が強い例など、nidusが確認しにくい症例ではCTが有用。

MR

  • nidusはT1WIにて低信号を呈する。
  • 内部の軟部組織や周囲の変化などがT2強調像にて高信号を示すことが多い。
  • 多彩な信号を示すため、他の骨腫瘍との鑑別が難しくなる。

骨シンチ

  • 骨シンチでは、nidusへの強い集積+周囲骨の反応性変化に淡い集積が見られ、double density signと呼ばれる。

Sponsored Link

症例 10 歳の男児。右下肢痛。

osteoid osteoma2013年放射線科診断専門医試験問題6より引用。

骨幹端に骨透亮像あり。骨皮質の肥厚あり。骨膜反応ははっきりしない。類骨骨腫を疑う所見。


症例 12 歳の男子。右下腿の腫脹と疼痛を自覚するようになり来院。

osteoid osteoma

osteoid osteoma12006年放射線科診断専門医試験問題8より引用。

単純写真で脛骨の骨幹に骨硬化・皮質の肥厚像あり。側面像で内部に境界不明瞭な淡い透亮像を認める。CTでは骨皮質の肥厚・硬化、また内部に透亮像(nidus)あり。MRIではT1WIおよびT2WIともに骨皮質の肥厚は低信号、透亮像の部位はT1・T2強調像ともに骨皮質よりやや高信号を呈している。類骨骨腫を疑う所見。

症例 10 歳代の女子。

右股関節部痛を主訴に来院した。2,3 か月前に出現し,特に誘因はなく,間欠性。

intra-articular-osteoid-osteoma

2016年放射線科診断専門医試験問題75より引用。

右股関節(大腿骨頸部)に強い+周囲に淡い集積あり。double density signを示唆する所見であり、関節内類骨骨腫を疑う所見。


症例 10歳の男児。右下肢痛のため家族に伴われて来院した。

4か月前から誘因なく右大腿部痛が出現したという。痛みは安静時、運動時ともにあり、夜間に増悪する。右下肢の皮膚、筋および関節に異常を認めない。右大腿骨のエックス線検査で異常が疑われたため撮影した両大腿部の単純CTを別に示す。最も考えられるのはどれか。(医師国家試験105D29)

a 骨肉腫
b 類骨骨腫
c 軟骨肉腫
d 骨軟骨腫
e 好酸球性肉芽腫

nidus

国家試験の問題です。nidusを指摘して、類骨骨腫が正解です。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら