123I-MIBG心筋シンチの基礎

  • MIBG(123I-metaiodobenzylguanidine)は生体内でノルエピネフリンと同様の働きをする物質であり、交感神経終末に取りこまれ、貯蔵、放出される。
  • 節後交感神経である心臓交感神経の障害とその分布を判定する。
  • 早期像と後期像(3〜4時間後)を撮像し心/縦隔比(H/M)および洗い出し率で心臓交感神経機能を評価する。
  • 読影の際には、肺集積と心筋集積を比較して心筋への集積の有無を判定する。
  • 三環系抗うつ薬を服用している時は検査前に投与中止を指示する。

H/M比が低下、洗い出し亢進する疾患

  • 糖尿病
  • 心不全
  • 虚血性心疾患
  • 不整脈疾患
  • びまん性レビー小体病(パーキンソン病(PD))、レビー小体型認知症(DLB))
  • 家族性アミロイドーシス
  • 多系統萎縮症(MSA:Multiple system atrophy)

 

  • 中でもParkinson病では、発症早期から(自律神経障害を認めていなくても)MIBGの取り込みの低下が高率にみられることが知られている。これは、病早期から心臓交感神経へのαシヌクレインの沈着による交感神経の脱神経が、MIBG集積の低下を引き起こすと考えられている。
  • 一方、健常人やParkinson症候群ではMIBGの取りこみの低下はほとんどみられない。
  • このため、MIBG心筋シンチグラフィは、Parkmson病の補助診断して、またParkinson症候群との鑑別のための検査として有用である。
  • ただし、例外として、家族性Parkinson病の一部では、MIBGの取り込み低下を認めないこともある。
  • また、Lewy小体型認知症ではMIBGの取り込み低下が見られる。
  • 心不全の場合は、早期像よりも後期像で強い低下が見られる。
  • 虚血性心疾患では虚血部に一致した集積低下を認める。
  • 糖尿病で集積低下を認めるのはニューロパチーを合併している場合であるが、集積低下しないこともある。

123I-MIBG心筋シンチは認知症診断に有用

これらから、認知症を来す疾患の鑑別に用いられる。

つまり、

  • アルツハイマー病
  • パーキンソン症候群を来す認知症疾患(進行性核上性麻痺(PSP)、多系統萎縮症(MSA)など)

と、びまん性レビー小体病(パーキンソン病(PD))、レビー小体型認知症(DLB))との鑑別に用いられる。

︎心筋/上縦隔(H/M)比の基準値

  • early 2.2以上
  • delay 2.2以上
  • Wash out rate 9~23% 亢進していると、PD pattern
    ただし、施設によりこの値は異なり、H/Mの正常値は2-3、WRは半減期補正後で10-30%の範囲であることが多い。

 

症例 70歳代男性 臨床所見と併せてPDと診断された症例

mibg


症例 80 歳代の女性。進行性の認知機能障害や転倒

123I-MIBG シンチグラムを示す(Early H/M:1.62,Delay H/M:1.14)。

Lewy2014年放射線科診断専門医試験問題67より引用。

H/M比はearly,delayともに低下を認めており、Parkinson病やびまん性Lewy小体病が疑われる。


 

症例 60 歳代の男性。歩行障害のため来院。

mibg cardio(2008年放射線科診断専門医試験問題63より引用)

H/M比はearly,delayともに低下を認めており、Parkinson病やびまん性Lewy小体病が疑われる。したがって解答はb,d。


症例 2 年ほど前より動作の緩慢さが出現した。徐々に安静時振戦,固縮なども目立つようになり来院。

parkinson disease2006年放射線科診断専門医試験問題66より引用。

H/M比(心筋縦隔摂取比)は異常低値を示しており、症状からもパーキンソン病を疑う所見。

 

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。