CT造影剤(ヨード)を行なうにあたり水分制限は必要?

  • 水分は制限ではなく、むしろ摂取するべき。検査前だけではなく、検査後にも水分は摂取するべき。
  • 特に、脱水を来しやすい小児や高齢者では重要。
  • 脱水状態で造影剤を注入すると十分に体外に排泄されず、特に腎機能障害のある患者さんでは腎不全を誘発する。
  • 水分摂取は牛乳でもよいか?:胃酸で固まってしまうため、嘔吐したときに誤嚥のリスクがありダメ。

CT造影剤(ヨード)を行なうにあたり食事制限は必要?

  • 撮影部位が腹部でなければ制限は必要ない
  • 撮影部位が腹部ならば、蠕動運動や残渣が画像に影響を及ぼす可能性がある点や、胆嚢は萎縮してしまい、評価できないため、検査時間をずらす(食後3時間程度経過するまで)

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら