CT造影剤(ヨード)を行なうにあたり注意すべき服用中の薬剤

ビグアナイド系糖尿病薬

乳酸アシドーシスの発現リスクあり。一時的に内服を中止することが望ましい。

どの薬がビグアナイド系なのかは、日本医学放射線学会ホームページのヨード造影剤とビグアナイド系糖尿病薬との併用注意について(http://www.radiology.jp/uploads/photos/995.pdf)を参照してください。

βブロッカー

アナフィラキシー反応に対する治療の第一選択であるアドレナリン(エピネフリン)の効果を減弱する。

腎毒性を有する薬剤

抗菌薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、抗腫瘍薬などの腎毒性の強い薬剤の併用は造影剤腎症の危険因子となるため、可能ならば一時的に中断する。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら