甲状腺疾患のある患者

・重篤な甲状腺疾患の患者では、甲状腺クリーゼを起す可能性あり。

・中でも甲状腺機能亢進症はリスクが高いと考えられる。

薬剤によるコントロールが十分でない場合、多結節性甲状腺腺腫の患者では、造影検査を回避するべき

甲状腺機能低下症や、薬剤によりコントロールされている場合は、慎重に造影検査を行なう。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら