単純ヘルペス脳炎

  • herpes simplex virus(HSV-Ⅰ)によるウイルス性脳炎。
  • 治療の遅れは予後不良に繋がるため、疑いがあればすみやかなアシクロビルの投与必要(未治療の場場合、70%の死亡率)
  • 症状:発熱、頭痛、人格障害、意識障害、失語など。
  • 抗体価上昇、ウイルスの証明、PCR法で診断する。

単純ヘルペス脳炎の画像所見

  • 辺縁系脳炎(前頭側頭葉、帯状回、島皮質、角回)にしばしば両側性(多くは左右差がある)。
  • 初感染は大部分が、側頭葉の内側。初期は限局性でも急速に広がり、反対側に進展する。
  • T2WI、FLAIRにて高信号。出血を来す事がある。やや経過すると脳回や髄膜に沿った造影効果。FLAIRの冠状断が有用。
  • DWIでは細胞毒性浮腫により拡散低下(ADC低下)、最も早期から病変を検出する事が可能。
  • 脳回に沿った線状造影効果(亜急性期)。
  • 他の脳症や脳炎と異なり、初期から脳弓(Papez回路の主要部位)への浸潤を認める事が多いのが特徴。
  • 基底核は侵されにくく、外包で境界。
  • SPECTによる脳血流シンチも有用で集積亢進を認める。

 

■ヘルペス脳炎の鑑別診断は?

  • 非ヘルペス性辺縁系脳炎
  • 内側側頭葉硬化症(海馬硬化症)
  • 急性期脳梗塞
  • 痙攣後脳症
  • 神経膠腫など

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。