典型的なCOVID-19肺炎のCT画像所見

  • すりガラス影(円形(マリモサイン)、半円形、不整形)
  • 両側下葉末梢優位、背側優位の分布
  • すりガラス影+網状影、crazy paving pattern
  • すりガラス影+コンソリデーション
  • 索状影、陰影の収縮(他の感染症では稀)
  • びまん性陰影

COVID-19肺炎で通常認めない所見

  • 小葉中心性陰影
  • 空洞
  • 胸水を伴った小葉間隔壁の肥厚
  • 胸膜肥厚

COVID-19肺炎とCT所見の経時的変化

  • CT所見は急速に変化し、病期によってさまざまな画像を呈する。
  • CT所見の経時的変化を知ることで、CTから病期を推定し、臨床経過を予測することが可能。
  • 臨床症状とCTでの肺炎像の重症度は概ね一致するが、症状が先行し、画像所見が数日遅れて現れることが多い。
  • CTでの病変範囲は6-13病日でピークに達する。
  • 進行する場合、症状発症後10日前後でCT所見が最も進行する。
  • ICUに移る最も多い原因は急性呼吸窮迫症候群(ARDS:acute respiratory distress syndrome)であり、主な死因となる。

COVID-19肺炎のCT所見の経過

pure GGO主体
→crazy-paving pattern
→コンソリデーション混在、拡大

【治癒する場合】
→収縮性変化(索状影)
→改善(ただし、陰影が遷延し残ることもある。)

【増悪する場合】(発症10日前後)
→びまん性陰影
→DAD

COVID-19肺炎の臨床経過と画像所見の変化

 

参考文献

  • INNERVISION(35・11)2020 P17-33
  • Salehi S,et al.AJR Am J Roentgenol 2020;215:87-93
  • Wu J.et al.Eur Radiol.2020:5455-5462
  • Song F, et al.Radiology.2020;295:210-217
  • Prokop M,et al.Radiology.2020;296:E97-E104
  • Berlin D.et al.NEJM 2020;383:2451-60

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。