膵頭部外側縁突出(protrusion of the lataral contour)

膵頭部において外側縁が突出して、あたかも膵腫瘍があるかのように見えることがあります。

※膵頭部だけでなく膵尾部においても同じような分葉の亜型、形状異型が知られています。

Rossらの造影CTの検討1)では胃十二指腸動脈(GDA)や前上膵十二指腸動脈(ASPDA)より1cm以上外方への膵組織突出の頻度は34.5%で、以下の様なバリエーションがあると報告しています。

  • type1:前方型
  • type2:後方型
  • type3:水平型

の3つのタイプが報告されており、後方型が最多です。

背側、腹側膵原基の癒合パターンの関与が推測されています。

 

関連:【まとめ】膵臓の血管の解剖は?栄養する動脈はこれ!

参考文献:1)Normal variations in the lateral contour of the head and neck of the pancreas mimicking neoplasm

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。