ゼヴァリン®(90Yイブリツモマブチウキセタン)による悪性リンパ腫の治療

  • 国内初のRI 標識抗体療法。
  • CD20陽性の再発または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫に用いられる。
  • まず診断用に投薬1回を行い、次に、治療用の投薬1回を行い終了。ただし、その際に、治療用の投薬を行う前に、本当に行って良いのかを診断する必要がある。

細かいStepは以下のとおり。

Step1 111INインジウムで標識したイブリツモマブチウキセタン(インジウム111標識ゼヴァリン(111In ゼヴァリン))を投与。

Step2 48時間後に、シンチグラフィーにより撮影し体内分布を確認

Step3 問題なければ1週間後に、治療目的でイットリウム90標識ゼヴァリン(90Y ゼヴァリン)を投与。(β線による内部照射による放射線治療を行なう。)

 

なぜ90Y投与前に、111Inを投与するのか?

  • 90Yと111Inは化学的性質が類似しているから。
  • 90Yはβ線のみを放出するので画像化できない。治療にのみ用いる。
  • 一方111Inはγ線を放出するため画像化して分布を見ることができる。

問題のある体内分布とは?

  • 著明な骨髄へのびまん性の取り込み(骨シンチのスーパースキャンに似た集積)
  • 肝臓、脾臓、骨髄への局在的な集積(網内系への取り込み)
  • 正常臓器への集積異常
    ①肺>肝へのびまん性集積
    ②後面像で、腎>肝への集積
    ③正常腸管>肝への集積かつ経時的変化がみられないもの

原則禁忌の場合は?

  • 骨髄のリンパ腫浸潤率が25%以上
  • 好中球1,200/m㎥未満、血小板数100,000/m㎥未満
  • 造血幹細胞移植治療の既往
  • 骨髄の25%以上に外部放射線照射を受けた既往

どのような腫瘍に効果的か?

  • 悪性度が低い腫瘍。
  • 前治療の回数が少ない場合。
  • 早期の小さな腫瘍には特に有効。

その他

  • 副作用が少ない。
  • アイソトープ治療病室への入室は不要。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。