甲状腺中毒症(thyrotoxicosis)

  • 甲状腺ホルモンが増加している状態を甲状腺中毒症という。
  • 甲状腺機能亢進症破壊性甲状腺炎、外因性甲状腺ホルモン過剰摂取などで起こる。
  • 日常臨床で最も問題になる、Basedow病と無痛性甲状腺炎の鑑別は123Iの摂取率によって可能。(前者は高値となり後者は基準値以下となる。)

甲状腺機能亢進症

  • Basedow病Plummer病、その他の稀な甲状腺機能亢進症(卵巣甲状腺腫、機能性甲状腺癌など)、中枢性甲状腺機能亢進症などが原因となる。
  • Basedow病は甲状腺のびまん性過形成による機能亢進症。TSHレセプター抗体が甲状腺を刺激し、TSHに依存せずに甲状腺ホルモンが合成される。
  • ただし、TSHレセプター抗体は陰性のこともある。また無痛性甲状腺炎で陽性の場合もある。なので両者の鑑別に123Iの摂取率が有用。
症例 30歳代女性 Basedow病

thyroid scinti

甲状腺両葉にびまん性に集積亢進あり。

Basedow病を疑う所見。

破壊性甲状腺炎
  • 無痛性甲状腺炎、出産後甲状腺炎、亜急性甲状腺炎が含まれる。
  • 甲状腺濾胞が破壊され甲状腺ホルモンが漏出する結果、甲状腺中毒症になる。
  • 甲状腺濾胞の破壊部位には123Iを取り込まず、また、TSH分泌抑制により、正常部位にも123Iは集積せず、摂取率は低値となる。
症例 60歳代女性 無痛性甲状腺炎

silent thyroiditis

甲状腺中毒症あるも集積の低下あり。

無痛性甲状腺炎と診断されました。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。