腎の高さの異常(腎の位置異常、腎奇形、longitudinal ectopic kidney

  • 腎の高さの位置異常は、上下の位置異常交叉性変位腎融合腎の3つに大きく分かれる。
  • 最も多い位置異常は馬蹄腎、続いて骨盤腎。
  • 正常では、L1−3レベルに腎は存在する。
  • 高さの位置異常では、腰部や、骨盤腔内、時に胸腔内に見られる。骨盤内に存在するものが骨盤腎。
  • ちなみに遊走腎(wandering kidney)とは臥位と比べて立位で1.5椎体以上腎が下垂するもの。高齢女性の右側に多い。
症例 50歳代男性

longitudinal ectopic kidneylongitudinal ectopic kidney1

左腎はほぼ正常の高さに位置するが、右の腎臓はL5の位置に位置しており、高さの位置異常を認めている。

参考)知っておきたい泌尿器のCT・MRI 山下康行先生ら P264-265

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら