猫ひっかき病

  • 小児に罹患が多い。
  • グラム陰性桿菌であるBartonella henselae感染症。
  • 猫と接触後1−2週(3−10日)程度で発疹、発熱、2-10週程度で受傷部のリンパ路に痛みを伴うリンパ節腫大を来す。
  • ネコひっかき病に対する抗原反応や感染検体のWarthin Starry染色により診断される。
  • 肘部、腋窩、頭頸部(主に顎下、オトガイ下部)に認められる。
  • 通常2−3ヶ月以内に自然治癒することが多い。
  • 脳症や、肝・脾膿瘍(肉芽腫)、心内膜炎、骨髄炎などを合併することもある。
  • 治療薬はテトラサイクリンまたはマクロライド系。
  • 参考)咬傷では猫は感染率が高い。猫(40%)>犬(5%)>ネズミ(2%)。なので、犬咬傷は抗生剤投与は必要ないが、猫の場合は全例投与した方がよい。

画像診断

  • 受傷部のリンパ路に内部低吸収なリンパ節腫大を来す。受傷側の腋窩や頸部リンパ節腫大を来す。
  • 腫大リンパ節周囲に脂肪織濃度上昇を認め、瘻孔を伴うことあり。
  • 大きな腫瘤を形成した場合は、壁の厚い嚢胞状腫瘤となる。
症例 50歳代女性

cat-scratch disease

左腋窩にリンパ節腫大あり。

周囲脂肪織濃度上昇あり。内部壊死ははっきりしません。

ネコひっかき病と診断されました。

亜急性、慢性に経過する片側リンパ節腫大

  • 結核性リンパ節炎
  • 猫ひっかき病
  • トキソプラズマ症
  • 亜急性壊死性リンパ節炎

頸部リンパ節腫大の鑑別

  • 結核性リンパ炎
  • 亜急性壊死性リンパ節炎(菊地病、放線菌症、猫ひっかき病、化膿性リンパ節炎、Kaposi肉腫など)

参考文献:画像診断 Vol.38 no.12 2018 P1165-1166

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。