サンゴ(珊瑚)状結石(staghorn calculus、珊瑚状結石、尿路結石)

  • 尿路結石のうち、結石が腎盂と腎杯を鋳型として、腎盂腎杯に沿った部位を占めるもの。
  • ストルバイト結石(=リン酸マグネシウム・アンモニウム(MAP:magnesium ammonium phosphate))が70%を占める。

※ストルバイト結石は、プロテウス、緑膿菌、クレブシエラ、ブドウ球菌などのウレアーゼ産生菌による尿路感染により生じることが多い。

  • 女性膀胱カテーテル留置患者において、尿路感染や黄色肉芽腫性腎盂腎炎に合併しやすい。(黄色肉芽腫性腎盂腎炎の75%に結石を認め、珊瑚状結石であることが多い。)
  • 治療は困難なことが多いが、体外衝撃波砕石術(electrohydraulic shock wave lithotripsy:ESWL)および経皮的腎結石摘出術(percutaneous nephrolithotomy:PNL)による。
症例 70歳代 女性

staghorn-calculus

右腎に珊瑚状結石を認めている。

この症例の珊瑚状結石を動画でチェックする。

症例 70歳代男性

腹部単純CTの横断像です。

左腎にサンゴ状石灰化を認めています。

動画でチェックする。

症例 60歳代女性

staghorn calculus

staghorn calculus2

 

症例 40歳代の女性。脳性麻痺でほぼ寝たきりの状態。尿路感染,発熱にて造影CTが施行された。

2018年放射線科診断専門医試験問題53より引用。

右腎盂に粗大な石灰化があり、さんご状結石を疑う。右腎は腫大し、周囲の脂肪織混濁を認めています。

黄色肉芽腫性腎盂腎炎に伴うさんご状結石を疑う所見です。

腎結石の種類は?珊瑚状結石を作るのは?

  • カルシウムを含む結石(80%):シュウ酸カルシウム・リン酸カルシウム
  • リン酸マグネシウム・アンモニウム(MAP)(10%):尿路感染に合併する。珊瑚状結石を作ることがある。
  • 尿酸結石(10%):痛風に合併
  • シスチン結石(1%):遺伝性が多い
  • キサンチン結石(<1%):遺伝性が多い。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。